目の状態

どの程度の視力回復ができる?

メガネやコンタクトレンズでの生活に不便さを感じている人はたくさんいますが、それを解消してくれるのが、アメリカから世界各国に広まったレーシック手術です。
日本でもすっかりお馴染みとなったこのレーシック手術ですが、日本では2000年に厚生労働省から認可され、またたく間に広がっていきました。
短時間で終了するレーシック手術は、日帰りの手術で行える手軽なもので、芸能人やスポーツ選手などもたくさんレーシック手術を受けて話題になっています。

メガネなしの生活、コンタクトレンズなしの生活は、これまでは近眼の人にとってはまず不可能なことで、レーシック手術はその夢のような裸眼での生活を叶えてくれる画期的な手術です。
レーシック手術では、レーザー光で角膜を削る手術になるので、とてもデリケートな手術です。
一度削った角膜は元の状態には戻らないというリスクもあります。

しかしながら即効性の高いレーシック手術は、術後しばらく安静していると、視力が回復していることを実感する人がほとんどです。
しかしまだまだ術後の視力は回復途中で、安定していないので、しばらくはいろいろな症状が現れます。
周りの光がとてもまぶしく感じられたり、涙が止まらなくなったり、目にゴミが入ったような違和感を訴えることもあります。

眼の状態が不安定ながらもそのまま裸眼で帰宅出来るため入院などの必要はなく、翌日以降には、視界もかなり安定してきます。
レーシック手術をした翌日には、検診を受けるのですが、この時にどの程度視力が回復できたかの視力検査があります。
視力回復にはもちろん個人差もありますが、この時点では多くの人が1.0以上の視力に回復しています。
裸眼で1.0以上あれば充分で、それ以上の視力はむしろ近くを見るときなどには、眼を疲れさせる原因となります。
レーシック手術の後、しっかりと視力が回復し安定するまでには、1週間から1ヶ月ほどはかかるので、この期間は、眼への負担がかからないように気をつける必要があります。


Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.