目の状態

レーシック手術後、視力が回復するまで

視力の悪い人にとって画期的な目の手術であるレーシック。
レーシック手術では、角膜の表面の層を薄く円形のシート状に切開して、フタのようにめくり上げることから始まります。
このフタをフラップと言い、フラップをめくり上げて角膜の内部にレーザーを照射して、角膜を削ります。

角膜を削ることで角膜は薄くなり、角膜の曲率が下がって、近視が矯正されるというわけです。
レーシック手術の後は、切り離したフラップを固定させる必要があるので、手術直後は身体を横にして安静にしておく必要があり、その後数週間は眼の経過を観察する必要があります。
通常レーシック手術の翌日や1ヶ月後に定期検診があるので、痛みや違和感などがないかをチェックしてもらいます。

レーシック手術後、視力が回復するまでにどの程度期間が必要なのかは、個人差が大きいので、はっきりとは言えないのですが、多くの方が手術後2,3時間程度で、視力が回復できたことを実感します。
また翌日には視力が回復できたことを大勢の人が実感しているので、レーシック手術はとても即効性のある視力回復手術と言えます。
しかしながら、これだけでレーシック手術が成功したとは言えません。

視力がしっかりと安定するまでは、手放しで視力が回復出来たと喜ぶことはできないのです。
中には遠くのものは見えるのに、近くのものがはっきり見えない、といった遠視のような状態が続く人もいたり、左右の眼で見え方が違うなどの症状がある人もいます。
視力が安定するまでは、こういった症状が続く人もいるので、充分注意しましょう。

しかしこのような視力が安定しない状態は、レーシック手術から1ヶ月ほどでおさまることがほとんどで、その後は視力も回復したまま安定してきます。
しかし術度1ヶ月を経過してもドライアイなどの症状が続く人が中にはいますが、この症状も約3ヶ月程度でおさまります。
このようにレーシック手術後、視力が完全に安定して回復するまでには3ヶ月程度が必要です。
3ヶ月を経過してもなお見え方に異常がある場合には、再手術が必要になることもあります。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.