目の状態

最高級レーシックの費用は通常の2〜3倍

レーシック手術は、メガネやコンタクトレンズがなくても裸眼で生活できるとても画期的な眼の手術です。
日本では2000年に厚生労働省から認可がおり、急成長を遂げています。
これまでにもたくさんの有名人やスポーツ選手がこの手術を受けており、一般の人にもかなり普及してきました。

レーシック手術とはレーザーを使用して視力そのものを回復させる手術で、角膜にレーザーを当てて角膜の形状を変えて視力を上げるものです。
これまでは手術が行えるクリニックお非常に少なく、費用も今よりもとても高い時期がありました。
保険が適用できないので、レーシック手術は自分で全額費用を負担しなければいけないこともあって、諦めていた方も多くいました。

レーシック手術の需要の高まりとともに、技術もどんどんと進化していて、さまざま術式が導入されるようになっています。
手術を受けようとする方の角膜の厚さによっても術式が異なりますし、車の運転をしている、
スポーツをしているなどのライフスタイルによっても最適な術式が違ってきます。

最高級のレーシックの場合、最も安い手術の費用が10万円くらいなのに対して、2倍から3倍ほどはかかると言われています。

このように通常の手術と比較して費用に2〜3倍もの違いが出てくる理由は、使用する機械の違いがあげられます。

通常のレーシック手術には30秒ほどのレーザー照射が必要になるのですが、
最先端の機械であれば5秒程度で終了するため、手術にかかる時間を大幅に短縮することができ、
さらに手術を受ける人の負担が大幅に減少できます。

また最高級のレーシック手術は、術後のサポートも充実していて、生涯、保証期間となっています。

つまり、手術を受けてから行われる定期検診や眼の相談、再手術などが必要になった場合に、
いつでも無料で受けることができるのです。

通常の手術の保証期間は5年程度で、その後に眼に異常があった場合は費用がかかります。
最高級のレーシック手術であれば、値段もかかりますが、メリットも大きなものです。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.