目の状態

多くの芸能人が受けたレーシック

裸眼の視力が回復できるレーシック手術は、日本でも急激に普及しています。

その理由としてあげられるのは、
・レーシック手術の費用がお手頃になってきたこと
・日帰りでできる手術であること
・安全性が高いこと
などもありますが、やはり多くの芸能人やスポーツ選手が受けていることが日本でのレーシックの普及に大きく影響を与えているようです。

日本では熊田曜子さんや玉川鉄二さん、ラサール石井さんや杉浦太陽さん、松方弘樹さんなどなど数多くの芸能人が手術を受けています。

芸能人は特に生活リズムもバラバラで、睡眠時間も一定でない芸能人は、長時間の装着は避けるように言われるソフトコンタクトレンズはとても面倒なものです。
メガネはその点ラクですが、どうしてもメガネでは印象もがらっと変わってしまうので、レーシックが好まれるのです。

レーシック手術をして裸眼の視力が回復すれば、コンタクトレンズのように装着時間を気にしたり、
ズレたり、ハズレたり、という手間がなくなります。


また激しい運動を毎日行っているスポーツ選手にもレーシック手術は人気です。
日本では本田圭佑選手や玉田圭司選手、松坂大輔選手や黒田博樹選手など多くの日本を代表するスポーツ選手が手術を受けています。
この手術にはいろいろな術式があるのですが、芸能人やスポーツ選手に人気があるのがエピレーシックです。

エピレーシックが芸能人やスポーツ選手に人気なのは、通常のレーシックよりも回復が遅いため、視力の安定度が高いからです。
激しい運動を行うスポーツ選手や生活が不規則な芸能人には最適な方法なのです。
また角膜が薄い方でもエピレーシックであれば受けることができます。
もちろん芸能人やスポーツ選手でなくても、仕事や毎日の生活で裸眼の方が快適に生活できるという方はたくさんいます。
生活スタイルに合った方法、自分の目の状態に合った方法でレーシック手術を行うことが大切です。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.