目の状態

レーシック手術は何歳から受けられる?

メガネやコンタクトレンズの不自由は生活をしている人にとって、視力が回復出来るレーシック手術はとても魅力的なものです。
しかレーシック手術を受けるときにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

手術前には医師による目の検査が行われ、手術が出来るかどうかを確認されます。
また年齢制限もあり、20歳未満の方はレーシック手術を受けることができません。

クリニックによってはもっと低く、17歳や18歳未満の方は受けることができないこともあります。
未成年の方は、身体もそうであるように角膜もまだまだ成長過程です。
視力も安定していない年齢なので、レーシック手術を受けることができないのです。

このような若い時にこの手術をしてもその後に近視が進む可能性があり、視力低下の危険性があるのです。
レーシック手術にはリスクもあるので、充分に成長してから行うようにしましょう。

また逆に高齢の方にもおススメすることができません。
角膜に傷を付けるレーシック手術を60歳以上の人が行うと、なかなか回復できなかったり、
視神経の回復が悪くなりドライアイになる可能性が高くなるのです。
また60歳以上になると白内障や緑内障といった目の病気になりやすくなるのですが、レーシック手術を受けることでこのような目の病気が進行する可能性もあります。

このような理由があるので、手術を受ける適正年齢は20歳から60歳の方としているクリニックが多いようです。
レーシック手術は年齢をクリアするだけでなく、いろいろな条件をクリアする必要があり、事前に適性検査が行われます。
角膜にレーザーを照射して削りよることによって視力を矯正していくレーシック手術は、基本的に角膜に充分な厚さがないとできない手術です。
しかし医療技術の進歩によって、施術方法によっては、角膜に充分な厚さがなくても受けることが出来るようにもなっています。
削った角膜を元の状態に戻すことはできないレーシック手術ですので、どんな人でも充分に相談や検査をしてリスクも充分把握した上で行うことが大切です。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.