目の状態

レーシック難民のトラブル

近眼の人にとって裸眼でも視力が良くなるというレーシック手術はとても魅力的なものです。
わりと簡単で、手軽に受けることの出来るこの手術ですが、今ひとつ乗り気になれない、
そんな人も多いのではないでしょうか。

その理由として、やはりレーシックによるデメリットが心配されるからです。

「レーシック難民」という言葉があるのですが、これはレーシック手術を受けたあと、目や身体になんらかの異常があるのに、この症状に対する適切な処置、治療ができないままになっている人のことを指します。

レーシックの需要の高まりと共に、手術の技術も飛躍的に進歩していて、以前のような大きなトラブルもかなり減少しています。
しかしながら、検査のデータには表れない新たしいタイプのトラブルも多く発生していています。

・目が疲れやすくなった
・目が乾きやすくなった
・目がしょぼしょぼして違和感がある
・ドライアイが改善しない
こんな症状がレーシック手術に伴うトラブルです。

これらの症状は検査をしても数値で表れるものではなく、個人個人で目薬などで対応するしかないというのが現状です。
レーシック難民と呼ばれる人が多くいる理由は、
「この手術は視力が回復することが成功したということである。」
との認識が医師と患者にあるからです。

しかし本当にそうでしょうか。

視力が1.5にまで回復したからといって、本や雑誌などの近くを見る時に支障が出るようになったのであれば、成功であるとは言えません。
このようなレーシック難民のトラブルが増えている原因として、レーシック手術の人気と共に、1人の患者にかけるカウンセリングなどの時間が削減されるなどの、医師と患者のコミュニケーションが充分にとれていないことがあげられます。

検査と手術のみの繰り返しになり、患者1人1人に本当に合う手術がされていないのです。
コンタクトレンズやメガネのようにカンタンに交換できないのがレーシック手術です。
信頼のできる医療機関で、しっかりと医師と相談してから手術を受けることが大切です。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.