目の状態

昔レーシックが出来なかった人でも今は出来る?

視力が回復できるレーシック手術は、スポーツ選手や有名人も多く行っていて、一般の人にもかなり普及してきました。
レーシック手術を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

まず手術を受けるには一定の年齢を超えていなければいけません。
レーシック手術を行っている多くのクリニックでは、対象年令を18歳以上にしています。
眼の成長が18歳未満の方はまだ充分ではないからです。
昔この対象年令をクリアしていなくて手術ができなかった人でも、18歳以上になればレーシック手術が受けられるようになります。

近視などで低下している視力をレーシック手術で回復させても、眼の成長がまだ充分でない18歳未満の方は、それから近視が進む可能性があるのです。
術後にも視力が低下してしまう可能性があるので、眼の成長が終わり、視力が安定してくる18歳以上を対象としているのです。

レーシック手術は眼の状態によってもできないことがあるので、昔眼の状態が良くない人ができなかったとしても眼の状態が良くなっていれば手術を受けることができます。

眼球に直にレーザーなどを当てるレーシックは、結膜炎などの眼のトラブルを抱えたままでは心配ですよね。
結膜炎であっても手術を受けることはできますが、花粉症が原因のアレルギー性結膜炎などは症状が治まってから受けることが安心ですね。
眼以外でもレーシック手術を受ける場合には、体調を崩すと受けれない場合もあるので、体調管理はしっかりとしておく必要があります。

レーシックの手術前には飲酒や喫煙は避けた方が良いです。
また風邪薬や鎮痛剤などの服用も前日から当日にかけては避けた方が良いです。
安全性の高い手術なのですが、リスクをできるだけ回避するためには、万全の体調で挑むことが大切です。
手術前には適応検査もあり、これに合格しなければレーシック手術を受けることができません。
それだけデリケートな手術なのですね。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.