目の状態

レーシックのメリットとは

レーシックという言葉を耳にした事がある方も多いと思いますが、具体的にどんなものなのか知っている人は少ないかもしれませんね。
レーシックとは、エキシマレーザーというレーザーを角膜に照射して、角膜の屈折率を変えることで視力を矯正する手術のことです。
この手術を受けることのメリットは、何と言ってもメガネやコンタクトなの裸眼で生活できるようになることです。

一旦視力が悪くなると、また元の視力に戻るのは不可能に近いことです。
かなりの近視になってしまうとメガネやコンタクトなしでの生活ができなくなります。
メガネやコンタクトを使用するのはとても面倒です。

コンタクトは裸眼のような生活ができるものの、朝晩のお手入れが面倒ですし、メガネは運動をしたりする時に違和感があったりと、多くの人が不便さを感じています。
そもそもレーシックとは、90年代にアメリカを中心として大流行した目の手術法です。
日本では、厚生労働省から2000年に認められ、日本でも視力回復の救世主として多くの人に普及していきました。

しかしレーザーを角膜に照射したり、角膜の表面を削ったりするレーシック手術が怖そう!と思う人も多いと思います。
しかし2000年には厚生労働省にも認可されたレーシックは、安全で非常に視力回復の効果が高いものです。
レーシックの手術自体も短時間で終わるもので、手術直後は横になって安静にしていれば大丈夫です。

レーシックの手術で入院をする必要はなく日帰りで行える手軽さも良いですね。
この手術は即効性にも優れていて、なんと早い人なら次の日には視力が回復していることが実感できるんです。
視力も1.0以上にまで回復する人が9割もいます。

1.0以上あれば、日常生活には全く問題のない視力です。
このように、メガネやコンタクト無しでは生活できないという近視の方にとってはレーシックのメリットは、非常に大きなものです。
これまでであれば、生近視のままだったはずが、レーシック手術を受けることで裸眼の生活ができるのは大きな魅力ですね。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.