目の状態

目の状態によっては手術が受けられない場合も

近視の人にとって裸眼の視力が回復するレーシック手術は、まさに夢のような技術です。

メガネやコンタクトレンズでの日常生活は、本人でないと分からない不便さがつきまとうものです。
レーシック手術は日本では厚生労働省により2000年に認可され、それから技術もどんどんと進化して、一般の人にも普及してきました。

この手術はエキシマレーザーを使用して角膜を薄く削り、フラップと言われるフタ状にめくり、露出した角膜層をエキシマレーザーにより削ります。
各膜層に削ることことで曲率を調整し、視力が回復できるというものです。
角膜を削るというとてもデリケートなレーシック手術は、目の状態によっては手術が受けられない場合もあります。

まずは眼の病気や疾患のある方で、白内障や緑内障、網膜疾患、視神経障害などがある方は手術を受けることができません。
また眼ではなくても極端に体調が悪い方や、糖尿病などの身体の大きな疾患を抱えている方も手術が受けられない場合があります。
他には、視力が低すぎる方も手術が受けられない事があります。

角膜を薄く削りすぎてしまうと、眼圧によって色んな方向から角膜に負担がかかるようになります。
結果的に乱視になってしまう可能性もあります。
また、元から角膜が薄い方や、内皮細胞が少ない方もレーシック手術が受けられない事もあります。

そして格闘技やボクシングなどの眼を損傷してしまう可能性の高い激しいスポーツをする方もレーシック手術は受けられません。
格闘技などの激しいスポーツによって眼に大きな衝撃が加わることで、フラップがズレてしまう可能性が高いのです。
妊娠中や授乳中の方もレーシック手術ができません。
これはホルモンバランスが崩れるからという理由と、レーシック手術に用いられる麻酔や目薬が胎児や赤ちゃんに与える影響がまだはっきりと分かっていないからという理由があります。
また視力が安定していない成長期の未成年や、老化現象が進行している60歳以上の方もレーシック手術が受けられない場合があります。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.