目の状態

レーシック手術の前はコンタクトを控えて

視力が回復できるレーシック手術は、これまでコンタクトやメガネでの生活に不便を感じていた人にとってとても魅力的なものです。
眼にレーザーを当てて行うためコワイと感じる人も多いようですが、レーシックの技術も飛躍的に向上しているので、安全性もかなり高くなっています。
レーシック手術を実際に受ける時には、事前に体調管理やコンタクトの使用など注意することがいくつかあります。

コンタクトレンズを使用している方は、レーシック手術を行う数日前からは使用を控えなければいけません。
コンタクトレンズは、どうしても目に負担がかかっています。
角膜の状態をベストにしておくために、コンタクトレンズは控えましょう。

それまでコンタクトレンズをつけて生活していた方はかなり不便になるかもしれませんが、
手術の数日前からはメガネ、もしくは裸眼での生活をして下さい。
レーシック手術を安全に行うため、リスクを回避するためにも我慢して下さいね。

またレーシック手術は目の病気になっていると受けることができませんが、目以外の病気であっても体調を崩すと手術が受けれなくなる場合もありますので、体調管理に気をつける必要があります。

角膜にレーザーを照射して光の屈折率を調整することで近視を改善するレーシック手術。
この手術を行うことで1.0くらいの視力を回復することができます。
しかしこの視力もどれだけ維持できるかは個人差があり、目に負担のかかる生活をしているとまた視力が弱くなることもあります。

レーシック手術を行う人全員が半永久的に良い視力が維持できるわけではないことも理解しておきましょう。

レーシック手術を行う前には適応検査があります。
この手術にはいくつかの種類があるのでどの種類が合っているのか、
そもそも手術が可能であるのかを検査します。
この適応検査は無料で受けることができるので、レーシック手術に興味のある方はまず検査を受けてみると良いですね。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.