目の状態

レーシックは芸能人やスポーツ選手も受けている?

今では多くの人がレーシック手術によって視力を回復しています。
コンタクトやメガネなしの裸眼でも視力が良くなるとあって、芸能人やスポーツ選手も多くレーシック手術を受けています。
芸能人では倖田來未さんや前田敦子さん、松方弘樹さんや熊田曜子さん、杉浦太陽さんなどとてもたくさんいます。

スポーツ選手は視力がとても大切ですから、こちらもかなり多くの選手がレーシック手術を受けています。
プロサッカー選手の本田圭佑選手やプロゴルファーのタイガー・ウッズさん、野球選手の松坂大輔選手などがいます。
しかしこのような有名人であってもレーシック手術に失敗してしまうことはあるようです。

タイガー・ウッズは、1999年の10月にレーシック手術を受けており、多くのメジャー大会に優勝し、「カップがバケツに見えた」との名言も残しています。
しかし少しずつ視力が乱れはじめて、大会の予選に落ちるなどのゴルフにも影響を与えるようになりました。
タイガー・ウッズは2007年にも再手術を受けています。

他にもマジシャンのマギー審司さんは術後に視力が低下してメガネでの生活に戻ったり、
タレントの松本伊代さんは遠くは見えるものの、近くは見えない状態になったそうです。
このようなレーシック手術の失敗は、医師の技術不足や機械の能力不足が考えられます。
ですので、これから手術を受けようと思っている方は、実績のあるクリニックで腕の確かな医師に行ってもらうことがとても大切です。

しかし一方でレーシック手術の技術は格段に向上しており、角膜を削らないエピレーシックという方法も出てきています。
レーシックの安全性や機械自体の性能も向上してます。

手術の技術が向上している理由は、それだけレーシックを必要としてる人が多いからです。
視力が回復することで仕事や生活面で多くのメリットがありますので、しっかりと主治医に相談して、最も適した手術方法で施術して下さいね。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.