目の状態

レーシックのデメリットとは

誰でも子供の頃には視力が良かったものですが、だんだんと近視になりメガネやコンタクトがなくては遠くが見えない、、という方も多いと思います。
そんな方は今話題のレーシック手術に興味を持たれることと思います。
レーシック手術は視力を回復できる素晴らしいものではありますが、メリットがある分、デメリットもあります。

レーシックの手術は角膜屈折矯正手術の一種です。
目の角膜を切開して、レーザーで角膜の屈折率を調整することで、視力を回復するという手術です。
2000年厚生労働省から認可が下りて以降、日本でも大流行したレーシック手術。

入院も要らない20程度の手術で終わることや、リスクもそれほどないことが人気の理由のようです。
芸能人の多くもレーシック手術を受けて話題となっています。
視力回復の程度は人によって異なりますが、1.2くらいの視力にまでは回復することが可能です。

裸眼で生活できることのメリットはとても大きく、それまでコンタクトレンズを使用していた方であれば、コンタクトレンズのケアが一切なくなり、視野が明るくなると同時に気分も明るくなるのではないでしょうか。
しかし、いいコトづくしのように見えるレーシック手術ですが、デメリットがあることも充分把握しておきましょう。
それは削った角膜は元には戻らないということです。

角膜を削って矯正をするので、角膜の強度が低下します。
また近視や遠視、乱視の根本的な治療法ではないので、近視の要因である伸びた眼軸はそのままの状態です。
角膜が薄くなるので眼圧を正しく測定することができなくなり、緑内障になっても見逃される可能性も高くなります。

レーシック手術を受けることでドライアイなどの副作用があったり、合併症を引き起こす可能性もあります。
また再手術やメガネやコンパクトによる追加矯正が必要になる場合もあるなど、必ずしも満足できる結果が得られるというわけではありません。
レーシック手術の技術も格段に向上しているものの、このようなデメリットがあることも理解した上でレーシック手術を行うことが大切です。

Copyright(C) 2013 目の健康維持を欠かす事が出来ない施術 All Rights Reserved.